双子の妊娠,出産,育児 双子ママパパの為の情報サイト 

 
  双子妊娠・出産
  双子を妊娠する確率
  双子の名前の付け方
  双子を妊娠したら
  双子妊娠中の注意点
  双子妊娠中の高血圧症
  出産準備リスト
  双子の分娩方法
  双子の出産費用
  超音波写真
 
 
  双子育児
  双子の授乳
  双子と外出
  双子と乗り物に乗る
  3人乗り自転車でお出かけ
  子供用ハーネスの利用方法
 
 
  双子ベビーカー
  双子ベビーカー選び
  横型ベビーカー一覧
  縦型ベビーカー一覧
 
 
  サイトマップ
 
  おすすめサイト
 
 
HOME < 双子を妊娠する確率

  双子を妊娠する確率


まず自然妊娠での双子を妊娠する確率は100分の1位です。


一卵性の場合は突然変異で出来るまったくの偶然と言われています。
ですが現在の不妊治療で一卵性の発生確率があがる治療もあるそうです。


二卵性の場合は多排卵のうち受精した2つの卵から双子を妊娠します。
多排卵は母親方の遺伝子と関係があるそうです。
父親側の遺伝子が要因で多排卵を導く可能性はない。

また不妊治療の際に排卵誘発剤を使うことによって多排卵が起きやすくなり、
双子の他にも三つ子〜の可能性もあります。

体外受精の時も数個の受精卵を子宮に戻すため多胎児の確率が高くなります。
ですが戻す数によってそれ以上の多胎にはなりません。
稀に1つしか戻さなかったのに一卵性双生児になったりもしますが、ごく稀ですね。

  双子を産みたかったら、動物性食品をたべろ!?


こんな記事を見つけました。

某化粧品のCMで、まばゆいほどのウインクを披露している人気モデルの「エビちゃん」こと蛯原友里さんには、双子の妹がいるらしい。詳しいことは不明だが、もし彼女が一卵性の双子であった場合、蝦原家にはあの「エビちゃん」が2人存在することになり、お父様はさぞかしご満悦なことだろう。いいな〜、家にエビちゃんが2人もいるなんて。私も可愛い双子の娘が欲しい!!

まぁ、産まれてしまえば、どちらにしても、自分の子どもが「一番可愛い!」と思えるもの。とはいえ、双子を意図的に授かるようにできるのだろうか?

と探していたら、何やら「双子を産む方法」なるものがあるらしい。アメリカの科学雑誌『Reproductive Medicine』に掲載された研究結果によると、「日常的に牛乳を飲む人は、動物性食品をまったく食べない女性よりも、双子を出産する確率が5倍も高くなる」とのこと。「動物性食品って、何?」という方のためにご説明すると、肉類や魚介類、卵や乳製品などの「動物に由来する食品」のことを指している。

研究では、この動物性食品である牛乳を飲む女性と、菜食主義などで動物性食品を口にしない女性とで、双子の出生率を比較。その結果、動物性食品に含まれる「IGF」というタンパク質が、卵巣の感受性を高め、また卵子の生産数を増やすのに一役買っていることが判明したのだとか。

う〜ん、「不妊治療を受けると双子を妊娠しやすくなる」という説は耳にしたことがあるけれど・・・。動物性食品を多めに摂取するだけで、本当に双子が妊娠できるものなのだろうか? 双子などの多胎児を産み育てる家族をサポートする任意団体「多胎育児サポートネットワーク」に問い合わせてみた。

「動物性食品で双子を妊娠・・・というのは、初めて聞きました。ただアフリカや中南米で、ヤムイモ類をよく食べる地域で双子が多く生まれている、という話をある産婦人科医から聞いたことはあります。しかしあくまで状況証拠であり、決定的要因とは断定できません。アフリカのある地域では、日本人のおおよそ5〜6倍の確率で双子が生まれています。また、黒人、白人、黄色人種の順で双子を生む確率は少なくなります。日本は現状で、100回の出産に対して1回の割合で双子、三つ子、などの多胎児が生まれています」(多胎育児サポートネットワーク スタッフ)

 なるほど。ちなみに「不妊治療を受けると双子を妊娠しやすくなる」という説は本当らしく、それは妊娠の確率を上げるために受精卵を2〜3つ着床することから生じるものらしい。そういった社会的背景もあって、近年では子どもの数自体は減少しているものの、双子の出生率は増加しているのだとか。双子化社会になる日も、近いかもしれない。(安田明洋/verb)



面白い記事でした。
私は双子村というのがあるのを聞いたことがあります。
そういうのも食生活などが関係してるのかなーとか思ってしまいました。



Copyrightc 2012. 双子☆子育てネット. All rights reserved.